So-net無料ブログ作成

古都金沢のホテル事情 [ホテル(その他)]

この手のホテルネタは堅過ぎてあまり反応が無いものと思っていたら案外アクセス件数が多いので自分でも驚いている次第。一つにはいわゆる「ホテルガイド」とか「絶対泊まりたいホテルベスト00」などと称するガイドブックがいま一つ信憑性に欠けるというのが要因かも知れない。あの手の本の多くは出版社が各ホテルに掲載を持ちかけ協賛金とかの名目でお金を取る提灯記事が多いのだ。目の肥えた消費者は必然的に当ブログのような非営利、中立、本音で勝負の媒体に情報を求めてアクセスいただいているようだ。
今回は先日取材して来た(大げさ・・・)金沢市のホテルの話を一席。

1449049
金沢国際ホテル

■ホテル戦争開戦前夜の金沢
それでは金沢市のホテル事情をざっとおさらいしておこう。この街の特徴はとにかく昔ながらの”ビジネスホテル”に分類される低料金、宿泊特化型のホテルが多いこと。それもそのはず、かの「アパホテル」は当地がそもそもの本拠地である。当然市内にも多くのアパが存在する。こうした大手だけではなく駅周辺を中心に零細な小規模ホテルが乱立しているのが目にとまる。駅前での割引券の配布も珍しくないという。
片や都市型ホテルはどうかというと県外資本の大手チェーンの存在が目立つ。駅周辺には古参の「金沢都ホテル」や「ANAクラウンプラザホテル金沢」、「ホテル日航金沢」が軒を並べ、香林坊を中心とした都心には「金沢エクセルホテル東急」が立地する。
地元資本となると百貨店「大和」系の老舗「金沢ニューグランドホテル」と「同アネックス」が香林坊にレンガ色の姿をみせる。他には郊外立地になるが西武セゾン系から地元の料理旅館「浅田屋」に経営が移った「金沢国際ホテル」を挙げることができる。

日航の進出以来大きな動きのなかった金沢だが、ここに来て新規出店の情報が矢継ぎ早に発表されている。なぜ、いま金沢なのか? 最大の誘因は北陸新幹線乗り入れに伴う入込客、中でも観光客を目当てに大手チェーンが食指を伸ばしているものと考えられる。ビジネス客は例えパイが大きくなっても東京との時間距離短縮により宿泊需要は逆に減少する恐れがある。その点観光客は通常日帰りは考えられず、入込客が増えた分だけパイが大きくなるものと予想される。
しかし、新幹線の乗り入れは予定どおり進捗して7年後である。新規ホテルの多くはそれ以前の開業を目指しているので中には新幹線開業を待たずして体力が持たずに閉鎖に追い込まれるホテルも発生するのではないだろうか。

1449078
金沢駅ホームから完成間近の「ホテル金沢」を見る

■激戦の火蓋を切る「ホテル金沢」
高架上の金沢駅ホームから茶系の壁面を持つ瀟洒な16階建ての建物が見える。間もなく5月1日に開業予定の「ホテル金沢」である。右手には「金沢都ホテル」が接している。この立地から明らかなようにかつての「ホリデイイン金沢」(後にホテルイン金沢)である。全面的に建て替えホテル名もすっきりしたものに改め戦線復帰を待つ。客室数165室、料飲施設5か所、1200平米の大宴会場を有する都市型ホテルの誕生である。一部新聞報道などでは前身がホリデイインであったことからビジネスホテルと呼んでいるのを見かけるが、施設概要が示すとおり完全な都市型ホテルである。ちなみに客室はシングルでも22平米とゆとりのサイズであり週末にはダブルとしても販売可能であろう。
このホテルの開業で煽りを受けるのはもちろん駅前地区の各ホテルだろうが、特に隣接する都ホテルは老朽化も進んでおり最も影響が大きいと思われる。

■ホテルトリニティ金沢(仮称)も年内開業
今年12月の開業を目指し、金沢駅と香林坊の間、武蔵地区で建設が始まっている。建物は三井不動産が所有しリゾートソリューションが賃借しホテルとして運営する。地上9階、客室数125室、レストラン1ヶ所の宿泊特化型ホテルである。

trusty.JPG
ホテルトラスティ心斎橋

■ホテルトラスティ大都市圏外初の出店
「ホテルトラスティ」はリゾートトラストが展開する宿泊特化型ホテルでヨーロピアンクラシック調の内外装で顧客を掴みつつある。現在、本拠である名古屋と大阪に3軒を開業、今年4月には東京、その後神戸、大阪阿倍野で新規開業を予定している。
そのトラスティが金沢市への進出を発表した。場所は香林坊、大和百貨店の並びという中心部では最高の立地である。
詳細は未定ながら200室規模とし、2010年の開業を予定している。金沢とトラスティという組み合わせがなんとも興味を惹くところ。従来のやや過度気味のヨーロッパ調をそのまま金沢にも持ち込むのだろうか。
周囲には「ニューグランド」、「同アネックス」、「エクセルホテル東急」などが軒を並べているが、影響は筋向いに位置し、やはり宿泊に特化した「ニューグランドアネックス」が最も大きいと思われる。

→ リゾートトラストはリーマンショックを受けこのプロジェクトを凍結していたが、平成23年秋に再開した。・・・富山新聞 規模は地上13階、地下1階の200室規模。平成25年夏の開業を目指すとのこと。(平成24年3月7日加筆)
→ ホテルトラスティ金沢香林坊として平成25年6月9日開業。(平成25年6月11日加筆)

■ダイエー跡地の新ホテル
さらにもう一軒ホテルプロジェクトが発表された。武蔵ケ辻の旧ダイエー跡地を取得した日本レイトがここに地上13階建ての複合商業ビルを建設し200室クラスのホテルを誘致するという。ハイクラスな都市型ホテルを目指し複数の大手チェーンに進出を打診しているという。計画では2014年に開業を見込む。

→ 日本レイトはリーマンショック後再三計画を見直すもテナントの誘致が困難と判断、土地を転売している。(平成24年3月7日加筆)

nihonreut.jpg
ダイエー跡地に建設予定の複合商業ビル

■既存ホテルかく迎え撃つ
この新設ラッシュにこのところ比較的静かだった金沢のホテル業界もさすがに危機感を隠せないようだ。市内最高層を誇る「ホテル日航金沢」は客室の改装を行い”金澤スタイル”と銘打ったコンセプトルームを登場させている。「ANAクラウンプラザホテル金沢」・・・長い名前だ・・・も宴会場を中心に開業以来の本格的なリニューアルを進めている。なにぶん同じ駅前地区にオープンする「ホテル金沢」が市内最大級の宴会場と充実したブライダル施設を備えているだけに婚礼獲得合戦はかなり厳しさを増すものと思われる。
駅前エリアでは着々と迎撃準備が整えられているようだが、中心部のホテルからはあまりリニューアル情報は聞こえて来ない。「ニューグランド」はあまり若者受けするハードではないし、「エクセル東急」も開業時の客室が今もそのままのようだ。ファッション性の高いトラスティなどが進出して来るとかなり打撃を受けるのではあるまいか。
金沢市内の人の流れが徐々に駅前地区にシフトしている現状から考えても中心部のホテルは覚悟を決めて新たなカラーを打ち出さなければ厳しい状況に陥る懸念がある。

1448937
ガイシ系 「ANAクラウンプラザホテル金沢」

■新たな集客策を
金沢市は日本海側でも有数の大規模都市であり、観光資源にも恵まれている。しかし、今後も同じ手法では厳しい地域間競争に勝ち残るのは困難であろう。例えばコンベンション都市としての実力は新潟、富山両市が本格的な会議用施設を整備しているのに対し金沢は遅れを取っている。金沢大学という有力大学の存在は学会誘致にはきわめて有力な武器となり得るだけに相応の受け皿の整備が必要だろう。
手をこまねいていると市内のホテル総崩れなどという事態も考えられる。
まずは5月に迫った「ホテル金沢」の開業が楽しみである。


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 6

飛騨の忍者 ぼぼ影

あたしゃ。金沢の都ホテルに宿泊しました。まあまあでした。

by 飛騨の忍者 ぼぼ影 (2008-03-23 14:27) 

サットン

飛騨の忍者 ぼぼ影さん

金沢都ホテルは開業が昭和38年と市内でも最古参の
ホテルですが、居心地は悪くなかったようですね。

ナマの声、ありがとうございます。
by サットン (2008-03-23 14:44) 

こんすけ&みく のこんすけ

サットン様の調査力はさしずめリットン調査団もかくありなんです。
敬服します。京福電鉄です!
そうです。金沢はまさにコンベンション都市を標榜しておきながら
実のところは大都市新潟を始め商工業都市富山にすら
その地位を奪われつつある惨状といえるでしょう!
もてなしドームかコンドームか知りませんが、
そんなもんつくっておる場合ではないと思いますよまったく!
マグネット効果をもたらす施設のほうが余程重要なんだと
思います。
日本の臍を標榜するなら是非頑張ってほしいものです。
by こんすけ&みく のこんすけ (2008-03-25 19:59) 

サットン

こんすけ&みくさん

過分なコメントを頂戴し恐縮しております。
金沢には会議施設などの建設計画はないのでしょうか?
箱物行政にも困ったもんですが、箱を作らねば始まらない
こともあります。
大阪も京都、神戸に先を越されながらも国際会議場を整備
しました。やはり、ホテルにも地域経済にも相当なインパクト
を与えています。
by サットン (2008-03-26 10:07) 

HIRO

金沢ホテル事情興味深く拝見しました。
非情に綿密なデータと識見ある内容記事とても面白く拝見できました。
実は僕も昔、不動産開発調査として金沢駅北口の土地活用で多目的ビルの一環としてホテルの市場調査をしたことがありました。
金沢駅前のANAホテル、名鉄資本の都ホテル金沢、藤田ホテル金沢など泊まり歩き、種々のデータから結論をまとめたことがありました。
でも、今日のレポートを見せていただき金沢にはずいぶん新規ホテルが出来てることに驚きました。
本当にありがとうございました。
by HIRO (2008-04-19 12:55) 

HIRO

失礼しました。非情は非常の誤りでした。
訂正しておわびします
by HIRO (2008-04-19 12:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。