SSブログ
前の3件 | -

阪急電車のHマークに再会 [鉄道の旅]

懐かしのHマークに再会

2月の記事更新は久し振りに阪急ネタをお話しさせていただきましょう。いつもいつも能勢電ネタでは食傷気味でしょうし。ただし、新鮮なネタとはいかず、些か旧聞に属する話題ですが、自粛生活の退屈しのぎにでもしていただければと思います。


KIMG0510 (480x270).jpg
▲宝塚線の「Classic8000」は8004F(川西能勢口)

今から遡ること46年前(1975年)、阪急電鉄に次代を担う新形式車がデビューします。6300系と2200系です。前者は言うまでもなく京都線特急用の2ドア転換クロスシート車でブルーリボン受賞車。後者は試作的要素が強く1編成しか製造されませんでしたが、後の阪急通勤車の雛形ともいえる車両です。

この両形式には新型車をアピールすべく乗務員室後方側面にHankyuの頭文字「H」をデザイン化したアルミ打ち抜きのマークが取り付けられていました。当時中学1年生だった私の目には凄く格好良く映りました。同級生の鉄友タクちゃんと2人で正雀車庫に搬入されて間もない2200系をフェンス越しに見ながら「格好ええなあ」と眺めていたのを思い出します。


KIMG0509 (480x270).jpg
▲燦然と輝くHマーク

そのHマークも1992年に実施された阪急のCI導入に伴って旧社章とともに姿を消すことになります。
ところが2019年、8000系のデビュー30周年を記念し同系の登場当時のデザインを復刻し、後に「Classic 8000」と呼ばれる記念列車が期間限定で走ることになりました。復刻された部分は、Hマークの他、前面の飾り帯、旧社章となります。
神宝京各線に各々1本ずつ配置されています。(京都線は8300系) なお、神戸線においては当初任に就いていた8000Fが踏み切り事故で損傷し、急遽8002Fが代役を務めることとなりました。

KIMG0511 (480x270).jpg
▲前面飾り帯も復活

そんな「Classic 8000」のHマークを拝みたいとは願っていましたが、なかなか出会う機会に恵まれませんでした。不要不急の外出は自粛せよとのお達しもあり、ますますチャンスが遠ざかる中、先日通院の際に遂に遭遇することができました。現場は川西能勢口駅。慌ててスマホを取り出し辛うじて記録することができたのでした。・・・旧社章は撮り逃がしましたが。
このHマークが輝いていた頃阪急線民だった私にとっては懐かしい友達に出会ったようなひと時でした。
なお、Classic 8000の運用期間は好評につき延長中とのことで当分は見ることができるようです。


◆おまけ SDGsトレイン

RIMG1078 (480x360).jpg
▲宝塚線のSDGsトレイン 1000系

おまけの画像は同じく川西能勢口駅で捉えたSDGsトレインです。ラッピングされているのは8両中両先頭車だけのようです。この企画同じ阪急阪神HD傘下の阪神電鉄でも実施している他、東急電鉄でも東横、田園都市、世田谷の各線にラッピング列車を走らせているようです。阪急と東急の連携ってあまり聞いたことがありませんが、阪急創業者の小林一三と東急創業者の五島慶太の間に親交があったのがご縁だそうです。


☆速報 阪急京都線に有料特急導入か

hnq9300.jpg
▲京都線特急はどう変わるのか・・・


久し振りに阪急ネタを書いているとニュースが飛び込んで来ました。朝日新聞、ABCテレビが報じるところによりますと、阪急電鉄は京都線特急に有料座席車の導入を検討しているそうです。主に朝夕のラッシュ時間帯の運転を想定しているとのこと。全車有料の設定とするか、編成中一部車両を有料とするかなど詳細は検討中とのこと。
ライバルである京阪、JR西日本が相次いで有料座席車を導入したのに刺激を受けたことが窺えます。また現下のコロナ禍が収束した後も輸送量が従来並に回復することは望めないことから客単価の向上を図る目的があるのではないでしょうか。
いずれにしても新しい京都線特急がどのような形で登場するのか続報を待ちたいところです。



タグ:阪急
nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

おめでとう2021! シレッと通巻700号 [その他]

本年もよろしくお願いいたします

2021年(令和3年)が明けました。
みなさん、おめでとうございます。ここを契機にコレラの方もなんとか反転攻勢に出ることができればなあと思うんですが・・・・。


KIMG0535 (360x480).jpg
▲今年もヘッドマークが

おとなしく新年を迎えなさいとのことで今年は初詣も自粛ムード。阪急、能勢電が毎年実施している「初詣ヘッドマーク」の掲出も今年は見送りかなと予想しておりましたが、みごとにハズレ、この年末年始も干支(丑)を織り込んだデザインのヘッドマークが掲出されております。


KIMG0535 (362x480).jpg
▲デザインはこんなの

大晦日の終夜運転、終電延長といった初詣客のための特別輸送が軒並み中止された中、ささやかながら新春ムードを演出してくれております。
私の愛車5100系5142Fもヘッドマークを装着されて何やら嬉しそうであります。


なんとも重苦しいムードの中迎えた2021年ですが、なんとか進むべき道を見出しましょう。



最後に、当ブログは今回で通巻700号となりました。5年に亘る長期休刊に続き、再開後も更新頻度はさっぱり上げられず、内心忸怩たる思いでおりますが、どうにか命脈を保っていられるのはご来訪のみなさんの応援あってのことと認識しております。心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

nice!(17)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

能勢電歳末点描2020 [鉄道の旅]

本年の乗り納めです

またまたまた久し振りの更新となりました。前回からは1ヶ月と20日ぶり。鉄道ネタとしてはほぼ4ヶ月ぶりというスローペース、すっかり季刊となった本誌であります。にも拘らずご来訪いただいたみなさん、コメントをいただいたみなさんには心からお礼申し上げます。
そんな今回のネタもお手軽な地元能勢電の話題でお茶を濁させていただきます。思えば能勢電で始まり、能勢電で終わった2020年でありました。

◆恒例の終夜運転中止


KIMG0545 (480x351).jpg


KIMG0528 (480x360).jpg
▲終夜運転中止を告げるポスターやディスプレイ

一向に衰えを見せない新型コロナの影響を受けて能勢電も例年阪急と歩調を合わせて実施していた大晦日の終夜運転を中止しております。当初は終電延長という形での臨時ダイヤも発表されていましたが、結局通常の休日ダイヤでの運転とのこと。これで関西の鉄道各社局は当初終夜運転の実施を発表していた大阪メトロも含め全社終夜運転は見送りとなったようです。



◆2000系60周年記念ヘッドマーク


KIMG0543 (480x360).jpg


KIMG0544 (480x360).jpg
▲ダブルのヘッドマークで最後の花道?を飾る1700系

先日所要で外出したついでに山下駅で電車見物に興じていると日生線をダブルのヘッドマークを掲げた1700系がやって来るのを目撃。なんじゃこれは?と目を凝らすと「阪急2000系(現能勢電1700系)誕生60周年」を記念するものでした。デザインは向かって左側が登場当時の姿と第1回ローレル賞受賞記念プレートが、右側が現在の姿とLegend 1700Seriesの文字があしらわれています。能勢電のHPによるとこのヘッドマークは現在4編成が活躍する1700系のうち1754Fに取り付けられており、川西能勢口方が緑、妙見口方が青の色調になっているようです。掲出は来年1月中旬まで。なお、編成中の1734号車の貫通路上には記念プレートが掲出されているようです。

引退が囁かれる1700系ですが、同社HPには「今後も活躍する1700系を見守って下さい」との文言があることからまだまだ長生きするのかも知れません。


◆2020年最後の乗車は


KIMG0546 (480x360).jpg
▲今年の締めは5136F

ということで2020年最後の乗車は5100系5136Fが務めてくれました。この編成は能勢電の最多勢力を誇る5100系の中でも唯一無二の特徴があります。それは・・・・


KIMG0532 (480x360).jpg
▲洒落た吊り革です

この吊り革です! カバー部分に編成の両先頭車5136と5137の正面と側面のイラストが描かれています。(写真左が5136、右が5137)。どういう意図かは不明ですが、こういう遊び心のある能勢電が私は好きです。

KIMG0442 (480x270).jpg
▲アマビエさん再登場

さて、暮れも押し迫って来ましたが、今更言うまでもなく2020年はコロナのお陰で散々な年となってしまいました。当然このまま越年となるわけで、今年は「どうぞ良いお年を」という定番の挨拶も空々しく聞こえてしまいます。そこでこの暮れはご挨拶に代えて9月の記事に掲載したこの写真を再度貼り付けておきます。みなさんにアマビエさんのご加護がありますように!

nice!(9)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -