So-net無料ブログ作成

沼津駅前のトレインビューホテル [ホテル(その他)]

その名もココチホテル沼津

今回は、沼津駅前にあるちょっと気になるホテルをご紹介します。
というわけで久々のホテルネタであります。しかも、その場所が沼津ときました。創刊657号を数える当ブログですが、おそらく今までに「沼津」という地名すら登場したことはないはずです。そんな当ブログで唐突に沼津のホテルを取り上げることになったのには、ある種の偶然が介在します。それは・・・・・

写真 1 (375x500).jpg
▲沼津駅北口から徒歩1分

いつものようにネット上で空想旅行に耽っていた私は何かの拍子に沼津のホテルを検索していて、このホテルに目が留まりました。絢爛豪華というわけでもなく、どちらかというとこじんまりした規模。主なターゲットはビジネス客だと思われる割には個性的な客室。HPから伝わって来るオーナーのホテルと沼津という町への愛着。このホテルに泊りたい!という強い誘惑にかられました。しかし、大阪在住の私が沼津のホテルを利用するという機会は簡単には巡って来そうにありません。

そんな時、本誌遊軍記者から「良いホテルに泊った」とレポートが飛び込んで来たのです。その「良いホテル」こそ私が注目していたホテル、その名も「ココチホテル沼津」だったのです。何たる偶然でしょう!
ちなみに記者は、元々私と同じホテル屋で、今は全くの異業種に転じ、1年の大半を出張先のホテルで過ごしております。つまり、ホテルの裏側を熟知したヘビーユーザーというホテルにとっては侮れない存在なのであります。

IMG_1047 (500x374).jpg
▲隠れ家的なエントランスへのアプローチ

このホテルでまず興味を惹くのは、その名称でしょう。ココチホテルという名前からは、心地という単語を連想します。実際ホテルのキャッチフレーズも「シンプルモダンでココチ良いホテル」と謳っています。しかし、その名の由来は、それにとどまらず、COZY=心地良い空間、CORDIAL=誠実な対応、CHEERFUL=元気になれる食事と睡眠、の頭文字を並べたもので(COCOCHEE HOTEL)、同時にホテルのコンセプトを表現したものとなっています。なかなか良くできています。ホテル名改称で見事にこけてしまった我が古巣のホテルとはえらい違いです。

IMG_6282 (500x375).jpg
▲ロビー横のラウンジ

前置きが長くなってしまいました。この辺で館内にご案内いたしましょう。
まず、ゲストを迎えてくれるロビーです。フランス有数の家具ブランド「リーンロゼ」のソファが鮮やかなコントラストを見せ、快適なステイを予感させます。

IMG_5705 (500x375).jpg
▲リラックスダブル

このホテルの客室は、大きく分けてリラックスタイプとビジネスタイプで構成されます。そのうち、このホテルらしいのはリラックスタイプ。その名のとおり、床は畳敷き、浴室は洗い場付きとゲストをリラックスさせることに徹底的に拘っています。ただし、室内でのデスクワークを希望する場合は広いワーキングデスクを備えたビジネスタイプをご利用下さいとのこと。

IMG_5136 (375x500).jpg
▲ナイトテーブルも格好いい

今回、記者が利用したのもリラックスダブル。面積18平米、ベッドサイズ1400mmというシングルユースなら十分なスペック。全客室140室のうち40室を占める、このホテルの主力商品であります。
基本室料は、1名利用で10000円(税・サ込み)ですが、記者は朝食付き7800円で予約できたとのこと。全国ネットの大手ビジネスホテルチェーンと較べると高くはなりますが、一般的な出張旅費の範囲内には収まる金額ではないでしょうか。
なお、リッチモンドホテルチェーンの提携ホテルになっています。

IMG_7012 (500x375).jpg
▲バスルームは洗い場付き

こちらがリラックスタイプ自慢の浴室。洗い場付きでマッサージシャワーを装備。下手なシティホテル顔負けの内容です。ただし、ビジネスタイプの客室はユニットバスになるそうなのでお間違いなく。

IMG_1657 (263x350).jpgIMG_5152 (263x350).jpg
▲洗面・トイレとバスアメニティ

今回宿泊した記者の感想は以下のとおりです。

 「以前、沼津で宿泊したホテルは最悪やったんでどっかないかと徘徊してたら発見した次第で試してみたら大満足で即メンバー登録。
 朝食もすごく良い。アジの干物も焼きたてで丁寧に朝食用意してくれてるなと。
元ホテル屋の目から多少コメント有るけど、値段と品質を考えると絶賛のレベルや。
また、泊まりたい数少ないホテルの一つにノミネート」。

ということで、ホテルと食事には極めてうるさい遊軍記者を唸らせたココチホテル沼津のご紹介でした。
ホテルHP http://www.cocochee.jp/index.php

写真 (500x375).jpg
▲窓からは沼津駅ホームと桃太郎が

最後になりましたが、タイトルに謳ったトレインビューについて。
記者が宿泊した客室からは、ご覧のように沼津駅のホームが見て取れます。手前にはJR貨物の桃太郎ことEF210が停車中ですが、見えるでしょうか? この沼津駅、汽車の駅の面影を色濃く残す貴重な駅ですが、現在高架化が進行中とのこと。完成すれば、この眺めも一変することでしょう。ただし、完成予定は平成34年度とのことですが。
※眺望は部屋によって異なりますので予約時にホテルとご相談下さい。


nice!(26)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 26

コメント 14

まるたろう

自分も駅前のホテルに泊まるのであれば、やはりトレインビューの
部屋に泊まりたいです。
ココチホテル沼津も、現状はよさそうですが、高架工事で眺めが
どう変わるかですね。
by まるたろう (2014-08-17 22:04) 

suzuran6

心地Eホテルなんですね。
手帳にメモしておきます!!
by suzuran6 (2014-08-18 15:00) 

サットン

まるたろうさん

私は駅が見えそうなホテルに泊る際は予約時に「列車の見える部屋」とリクエストを入れます。物理的に可能であればたいてい応じてくれますよ。
高架化も気になりますが、駅手前の駐車場にビルが建たないか気になるところです。
by サットン (2014-08-18 18:06) 

サットン

suzuran6さん

元ホテル屋仲間お薦めのホテルです。沼津に御用の際は是非お試し下さい。
このホテル名、付けるに当ってはそれなりの度胸が要ったでしょうね。
by サットン (2014-08-18 18:09) 

hanamura

沼津駅が高架されたら、千本浜に上陸して、御殿場まで行こうとした米軍戦車が引っ掛かって、動けなくなった、あのアンダーパスも無くなるのかなぁ~。
by hanamura (2014-08-18 19:16) 

サットン

hanamuraさん

静岡県のHPを見てみると沼津駅の高架工事は車両基地や貨物施設の移転もあってかなり厄介みたいですね。
予定どおり平成34年に完成した暁には晴れて戦車も通行できることになるでしょう。
by サットン (2014-08-19 11:22) 

yogawa隼

沼津は蒸気機関車時代から東海道本線の重要な機関区があり、関心が有りました。
また御殿場線で運用のD52も立ち寄ったことでしょう。

調べてみると、ココチホテルは、今年4月にオープンした「ダイワロイネットホテルぬまづ」のすぐ近くであることがわかりました。
by yogawa隼 (2014-08-19 17:10) 

やまびこ3

モダンでかわいいホテルですね。
沼津にはあまり縁がないのですが、ちょっと泊ってみたくなります。フローリングのラウンジが気に入りました。
by やまびこ3 (2014-08-19 21:43) 

サットン

yogawa隼さん

東海道が沼津までの部分電化だった頃、機関車交換の合間に駅弁を買う人で賑わったそうです。ヌマズ食わずも沼津までって洒落が流行ったとか。
ロイネットは新しいコンベンションセンターに併設されているそうですね。都市の規模の割には立派な施設で驚きました。
by サットン (2014-08-21 11:55) 

サットン

やまびこ3さん

このホテル、各所に個性的なデザインが光っていますね。チェーンホテルとは一味違います。
私も泊まってみたいですが、ドレインビューか富士山ビューか迷いそうです。
by サットン (2014-08-21 12:10) 

硬券屋

沼津機関区!ありましたねぇ。鉄道ジャーナルによく特集されていたような。Wikiで調べたらもうないのですね。他に統合されたとか。でも、問題なく列車が運行されているという事は当時と比較して鉄道車両の総数は日本全体で減った!?という事でしょうか?昭和時代と比較してグローバルなて鉄道の比較をすると面白いかもです。サットンさん何かご存知ですか?
by 硬券屋 (2014-08-23 09:35) 

サットン

硬劵屋さん

車両基地って少なくなりましたねぇ…。JR化後の嵐のような合理化の結果だと思いますが、かつての名門基地向日町運転所や宮原電車区も、今ではそれぞれ吹田、網干総合車両所の「支所」ですから。
車両総数の増減については存じませんが、車両メーカーが次々と廃業しているのをみると先細りしていくのは確かかと。

by サットン (2014-08-24 13:09) 

ファジー

よさげなホテルですが、いかんせん「沼津」で宿泊するような用事は、今のところ思いつきません。関西などに支店を出すような計画はないのでしょうか?
by ファジー (2014-08-25 17:35) 

サットン

ファジーさん

このホテルは元々地場のビジネスホテルだったものが区画整理事業に引っ掛かり現在地への移転を機に名称もコンセプトも新たに再スタートしたそうです。地元のオーナーによる一点豪華主義が良い意味の個性となっているように思います。
関西人にとっては沼津って縁遠い町ですね。私も関東在住時
に一度訪れたきりかも。
by サットン (2014-08-27 15:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。